Home / Star News / チャン・グンソク、『テバク』出演確定。8年ぶりに時代劇に登場。

チャン・グンソク、『テバク』出演確定。8年ぶりに時代劇に登場。

チャン・グンソク、『テバク』出演確定。8年ぶりに時代劇に登場。

チャン・グンソクは検討されていたドラマ『テバク』への出演が決定した。「いかさま師」テギルで8年ぶりに時代劇に登場する。

チャン・グンソクがSBSの新しい月火ドラマ『テバク』に出演する。SBS関係者は28日、「チャン・グンソクが『テバク』の主役で確定した」と明らかにした。チャン・グンソクにとってはKBSの『キレイな男』以来3年ぶりのドラマ復帰で、時代劇はKBS『快刀ホン・ギルトン』(2008年)以来8年ぶりである。

この日演出を担当するナム・グォン監督は「チャン・グンソクの演技に対する渇きと熱望が深い印象を残した。さらに彼からいかさま師テギルのインスピレーションを受けた」とし、「チャン・グンソクとの長い対話を通じて辛い状況でも楽しい現場を作ることができるという確信を持つようになった」とキャスティング理由を明らかにした。

一方チャン・グンソクは、「2年間大学院に通いながら臥薪嘗胆の姿勢でこれまでの自分を振り返り、演技に対する姿勢と情熱を練る時間を持った。イメージを変えていく中のひとつとして作品の選択には慎重を期してきた。その結果『テバク』のテギルとして視聴者にお目見えすることができる素晴らしい機会を得た」と出演所感を伝えた。

ドラマ『テバク』は王統の血に生まれながらすべてを失っていかさま師となったテギルが命を賭けて朝鮮の王英祖に勝負を挑む物語。チャン・グンソクはいかさま師テギル役を務める。また共演者にヨ・ジング、イム・ジヨンらの名前が挙がっている。

『テバク』は現在放送中の『六龍が飛ぶ』の後番組として3月から放送予定だ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Scroll To Top
KoreaChinaUSA